スパイウェアにはなかなか気が付かない

スパイウェアは他のアプリケーションソフトとセットで配布され、インストール時にはそのソフトと一括して利用条件の承諾などを求められます。また、スパイウェアはユーザに気づかれないよう、ウィンドウなどを出さずにバックグラウンドで動作するため、ユーザはスパイウェアがインストールされていることに気づきにくいようです。
スパイウェアが行なう活動の内容は、実はインストール時に表示される利用条件の中に書かれているため、インストール時にその利用条件を承諾してしまっている以上、スパイウェアの活動は直ちに違法と言えるものではないようです。しかし、利用条件をまともに読む人はほとんどいないため、ほとんどのユーザはスパイウェアに気づかず、スパイウェアごとソフトをインストールしてしまう。

スパイウェア対策ソフト

スパイウエア対策ソフトとは、スパイウエアの被害を防ぐためのソフトのことで、パスワードなどの個人情報が秘密裏にスパイウエア作成者などに転送されることを防止できます。
スパイウエア対策ソフトは2003年頃から提供され始め、現在はウイルス対策ソフトのアドオンとしてスパイウエア対策機能が提供されているほか、IPSやIDSといった製品でもスパイウエアのインストール防止などの機能を搭載しています。

どのような情報がスパイされるのか

スパイウェアが取得情報では、以下のようなものが代表的です。
・個人情報 (メールアドレス、本名、住所、電話番号等)
・Web上で使用する秘密情報 (クレジットカード番号、ID、パスワード等)
・PCの使用履歴 (何を入力したか、何がインストールされているか等)
・ブラウザの使用履歴 (どのサイトを見たか、何をクリックしたか等)
上記の通り、完全な個人情報がスパイされていますので、悪用されれば被害は意外と多きものになります。

フリーウェア(無料ソフトウェア)からの感染

無償のソフトウェアは魅力的ですが、そこには無償である理由が必ず存在するはずです。
その中の理由の一つが、無料の代償として宣伝のためのアドウェアやマーケティングのためのツールを一緒に組み込むことです。マトモな会社であれば、ダウンロード前ないしインストール時の規約に同梱されていることが明記されているはずですが、特に英語の場合は読み飛ばすことも多いでしょう。
どちらにしても、この場合はソフトウェアを無償で提供する代償であり、インストールする際に同意している形ですから正当なものです。
ですから、アンチスパイウェア等で検出されたからといってこれを削除すると、多くの場合は規約違反に当たりますし、そのソフトウェアが動作しなくなる場合もあります。
一方で、怪しいサイトから提供されている素性の分からない無料ソフトウェアに関してはその限りではありません。この場合は相手も「なんでもあり」ですで極めて危険です。基本的に、実行ファイル(exeファイル等)をインストールしてしまうと相手は何でもできますので、信頼できないものは絶対にインストールしないこと、これが重要です。
一つの確認方法は、提供されているソフトウェア名、実行ファイル名、ベンダー名等でGoogle検索してみることです。悪い噂のあるものは検索結果ですぐ判別できるでしょう。
なお、P2P等によって「無料で違法入手したソフトウェア」に関しては論外です。どんな悪質なマルウェアを仕込まれていても不思議ではありません。

スポンサードリンク

「セキュリティ警告」に同意してActiveXによってインストールされる場合

ネット閲覧時にブラウザから「セキュリティ警告」がでて、それに同意することでインストールされる場合があります。
このActiveXのセキュリティ警告には原則として「いいえ」をクリックする習慣をつけて下さい。